安心、グリーンコープひょうごは、兵庫県にお住まいの方に安全な食べ物や、環境に配慮した日用品をお届けします。

DSC_0046

DSC_0046

りんご・みかん研究所

2017年7月3日神戸市勤労会館にて『りんご、みかん研究所』を開催しました。
りんご生産者は6産地ある中から『八ケタ会』『信濃五岳会』、みかん生産者は14産地ある中から『百姓倶楽部 八女の郷』『天水グループ』が来てくださいました。

DSC_0040
【グリーンコープのりんごができるまで】
●現在ハチが少なくなってうまく受粉できないので、花ひとつひとつに人工受粉している
●うまく受粉できないと形が曲がったりんごになってしまう(味は同じ)
●受粉がうまくいったものだけ手作業で残していき、残ったりんごに養分がたくさんいくようにしている
●除草剤を使用していないので、手で草刈りをしている(暑い日は大変!)
●腐乱病(りんごの[がん])、黒星病(皮をむけば大丈夫)、すす点病(収穫時にたくさんの雨が降ってふくらんだため、サビ果とひび割れ)等、またカメムシやモモシンクイガ等病虫被害に合うこともある
●出荷の前には[目合わせ]という今年の出荷基準を決めるものがあり、手作業でひとつひとつの大きさや外観をみている(これを寒いところでやっており大変!)

●みんなで点検してトラックに積み、グリーンコープへやってくるそうです。

DSC_0043
みかん生産者から…
グリーンコープのみかんは環境ホルモン剤・除草剤・腐敗防止剤を不使用、そして誰が作ったかわかる!

グリーンコープの生産者は年7回かまや手で刈っている。
(6畳の部屋1000個分の草刈り…すごく大変!)
グリーンコープのみかんはデリケートで少し傷つくとカビがはえるし、周りにあるみかんにもうつってしまうので、カビがあるものはすぐに取り除いてください!
雨が多いとでるみかんの病気に黒点病、潰瘍病、ソウカ病があるそうです。

「自然のものを自然の力で!
リスクは多いけど、皆さんに理解、応援してもらっているので、死ぬまで頑張りたい!」とおっしゃっていました。

DSC_0044
学習会の後、質疑応答にもあたたかく答えて頂きました。
秋には早期予約があります。
安心、安全を第一に一生懸命育てられたこだわりのりんごとみかん!
たくさんの組合員さんに食べて頂きたいです!!

(委員19人・理事4人・組事3人)

 

Comments are closed.